学生達
パソコンで学ぶ

安心感を得るため

一般の仕事では、現在の不景気社会においていつリストラされるか不安に思う人が多いです。そのため、手に職を身につけるため、司法書士試験を受けて資格を取得する人も増えています。

この記事の続きを読む

教室の机

その経緯

国家資格でもある司法書士を目指す人は、たくさんいることでしょう。しかし、その試験に合格するのは至難の業でもあります。そんな国家資格を取得するまでの道のりについてご紹介。

この記事の続きを読む

自習する

保育士になる

保育士の仕事というものは、ここ数年で大きく移り変わっているものです。特に大きな動きがあると言われている現場の人材というものは、一昔前であれば女性のみであったもののここ数年では男性も活躍している現場になっています。

この記事の続きを読む

保育士という仕事

書き込んで勉強

以前、保育士は任意資格という形でした。しかし、2003年に児童福祉法が改正されると共に、国家資格へと変わりました。保育士は子どものお世話をする、というイメージがあるでしょう。しかし、単にお世話するだけでなく、子どもの発達や成長を考えて毎日の行動を考える、とても大事なお仕事です。歌やダンスを教えたり、生活習慣を身につけさせたりとやることはたくさんあります。 子どもにとって大事な時期を楽しく、また満足いくように過ごせるようには、保育士資格がとても大事となります。資格は厚生労働省の指定する養成校に行く、または保育士試験に受ける二つの方法があります。養成校には、大学から短大、専門学校と様々な形態がありますので、自分に合った学校選びができます。

国家資格というのは、一度習得をすれば更新が不必要ということになります。研修を行っている園が多いので、自分で再度勉強はいくらでもできます。また、子育てなどの理由で保育現場から離れても、また戻ってくることができます。近年では保育の需要が増え、保育士の人数も増やそうという動きが起きています。そこで、パートで働ける形態なども見られるようになってきました。ということは、自分で働く時間が選びやすくなってきたと言えます。 一度保育士になり、園で働くと楽しいことがたくさん待っています。一番は、子どもの成長が間近で感じたり、見ることができることと言えます。もちろん、預かるという責任は大きいですが、その分子どもと関係を作り、楽しい時間を一緒に過ごすことができます。素敵な仕事です。